トナーのコストダウン

プリンタを使う時の必需品といえばトナーですが、純正のものを購入するのは高いという場合に選択されるのがリサイクルトナーです。ジュン製品との違いと、どのような特徴があるのかを理解しておくことで、コストダウンにつながって行きます。

リサイクルトナーって?

リサイクルトナーは、純正のトナーを使用し終えた後に回収して分解、洗浄、インクの補充、修理や部品の交換などが行われているもので、純正のトナー同様にプリンタで使うことができるようにしてある物です。リサイクルトナーはプリンタを利用するたびに消耗していく部分だけを取りかえたり補充するものになります。純正のトナーはすべての部品を新しく購入することになってしまいますので、新たにトナーを購入すると高額になってしまうのですが、リサイクルトナーは再利用できる部分はそのまま使い続け、消耗品だけを取り換えることになります。そのため、1つのトナーを3~5回ほどリサイクルして使うことができるので、資源の節約につながっています。

リサイクルトナーのメリットは?

リサイクルトナーのメリットは、何といっても費用が安いことです。純正のトナーと比べて50~90%も安い価格で購入することができるため、コストダウンに繋がります。リサイクルトナーは使い終わった後も再びリサイクルして使えることが多いこともあり、これだけの低価格で販売することができているのです。心配なのは補償ですが、多くのリサイクルトナーを販売しているメーカーが不良品の場合には交換をするというような補償を取りいれています。また、メーカーによってはリサイクルトナー自体だけではなく、リサイクルトナーを使ったプリンタに何らかの影響が出た時の補償を行っていることもありますので、安心して使うことができます。「安いから悪いもの」ではありません。

リサイクルトナーの注意点は?

リサイクルトナーにはメリットばかりではありません。純正のトナーに比べると、リサイクルトナーは初期不良が起こる確率が高くなります。高いといっても初期不良が起こる確率は2~3%ほどですので、問題なく使えるケースの方が多くなります。また、モノクロの場合には違いはほぼありませんが、カラーの場合には発色が純正のトナーとは違いが出てしまうこともあります。トナーの成分などが純正のトナーと全く同じではありませんので、どうしても違いが生じてしまうことがあるのです。純正と全く同じ色が良いという場合には、リサイクルトナーの使用は向いていません。
この点を理解して利用することで、トナーのためにかかる費用を大きく削減することができます。